Magazine isn't dead. NEWS


WWD JAPAN.comでの連載「雑誌と本を行ったり来たり」を更新しました。

こちらの連載は大変ゆるく進行しておりますが、第10回目となる今回は美術家の神尾茉利さんの『刺繍小説』を紹介しました。
神尾さんと出会ったのは、私がライターとして参加させてもらっているミシンのbrotherさんの「SeeSew Project」というウェブサイトでの取材でした。(Interview 012以降の取材・執筆を担当させてもらっています)
取材時に本を制作中とのお話を伺い、取材の打診をしたところ快くお引き受けくださりました。
連載記事はこちらを、「SeeSew Project」での記事はこちらをご覧ください。

また、先日12/26に発売した『Hanako』2020年2月号のレギュラーページ「Hanoko EAT」内の「EVENT MENU」というページに友人の鈴木美波さん(SPBSマネージャー)と登場させてもらいました。
昨年も登場させてもらったのですが、今号も私たちの気になる国内で開催される展示についてダラダラと話す内容をライターの浦本真梨子さんにまとめていただきました。
かなりぎゅっと書いていただきましたが、実は2時間くらいずっと3人で話が盛り上がりとても楽しい時間でした。
142ページに掲載されていますので、ご興味を持ってくださった方はぜひ書店やコンビニなどでお手にとってみてください。


最後に、Magazine isn't dead.のウェブサイトはおかげさまで先日開設から丸1年を迎えることができました。
活動にご興味を持ってくださる方、ご購入くださる方、お声をかけてくださる方など本当にたくさんのみなさまのおかげです。
この場を借りて御礼申し上げます。
年末年始も当サイトでは休まず発送業務を継続します。
2020年もMagazine isn't dead.をどうぞよろしくお願い致します。
みなさまにとって素敵な新年が訪れますようお祈りしております。


昨日こちらでお知らせしました通り、本日メンテナンスを行いサイトリニューアルが完了しました。

リニューアルと言いましても、大きくは変わっておりません。
2つの改善点があります。
1つ目は、サイトの立ち上げがスムーズになったことです。
今まで商品が表示されるまでに30秒以上かかっておりましたが、すぐに立ち上がるようになりました。今までサイトをご覧の際に辛抱強くお待ちくださったみなさま、本当にありがとうございました。
2つ目は、カテゴリの追加です。
サイトが重くなっていた原因でもあったカテゴリは、当初現在表示されている6つだったのですが、商品の掲載を増やすたびに立ち上げまでの時間が長くなってしまいしばらく非表示にしておりました。

せっかくですのでこの機会にカテゴリについて簡単にお話させてください。
本を扱うオンラインストアでの一般的な分け方は、デザイン・建築・食・文学などのジャンルです。
しかしMagazine isn't dead.では、より多角的な視点で雑誌を見ていただきたいとの思いから、サイズ・創刊年・発行部数・発行国・価格・新着というカテゴリ分けにしました。
PCでサイトを見ていただくと、左側にカテゴリが表示されます。クリックすると該当するカテゴリに紐づいた順序に並び変わります。スマートフォンで見る際は、スクロールしていただくとカテゴリが表れますので、気になるものをタップしていただくと順番に表示されるようになります。
あらゆるオンラインストアではトップページは新着順に表示されるものが多いですが、先に述べた理由から当サイトではそのような仕様にしておりません。
大変あまのじゃくなサイトで恐縮ですが(笑)、新着順でご覧になりたい方はカテゴリ一番下の「Newly Available」よりご確認ください。

長くなりましたが、サイトの作成も今回のリニューアルもVISUAL AND ECHO JAPAN(以下、VEJ)の甲府オフィスのみなさまにお願いしました。
本サイトは既存のオンラインストアシステムを再構築しているため、非常に複雑で手間のかかる工程を踏んでもらっています。
甲府オフィスには現在4名のメンバーが在籍していますが、中でもミッチェ(宮沢喬)さんと清水柊子ちゃんには他のお仕事でもお世話になりっぱなしで、お二人がいなければ当サイトはこのような仕様になっていなかったと思います。
またVEJの本社は東京なのですが、社長は私と同郷の北海道・十勝の出身で、現在月に一度執筆を担当している十勝毎日新聞で紹介させてもらったこともあり、とてもご縁を感じる会社でもあります。
『VEJ通信』という冊子も発行していますので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたら購入時に同封も可能です。備考欄にお気軽にご記載ください。

年末年始も当サイトでは休まず出荷致します。
また、新しいタイトルもいくつか入荷していますのでまとめて更新予定です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


いつもMagazine isn't dead.をご利用くださりありがとうございます。

突然のお知らせで恐縮ですが、明日12/26(木)10:00〜15:00までサイトメンテナンスを実施するためウェブサイトへのアクセスができなくなってしまいますのでお知らせ致します。
上記時間はウェブページの閲覧、ご購入などが一切できませんのでご了承くださいませ。

終了次第改めましてこちらのページで報告致します。


昨日12/18(水)に開催したLUMINE CLASS ROOMの講座にご興味をお持ちくださったたくさんのみなさま、本当にありがとうございました。

ご応募くださった方が非常に多かったため、落選してしまった方の人数の方が圧倒的に多くなってしまい大変申し訳ありませんでした。
本来ならばご応募くださったお一人お一人に私から直接感謝の気持ちをお伝えしたいところではありますが、あいにく叶わないためこの場を借りてお礼を申し上げます。
これほどまでに関心を持ってくださるとは予想外でしたのでとてもうれしかったです。
また、ご応募された際にフリーコメント欄にもたくさんのコメントをくださったようでありがとうございました。
昨日全ての方の分を拝読しました。
中にはご質問をくださった方もたくさんいらっしゃいますが、もし差し支えなければ当サイトのCONTACTページにメッセージをいただけましたらお答え致しますので遠慮なくご連絡くださいませ。

また当選されて昨日会場まで足を運んでくださったみなさま、師走のお忙しいところ本当にありがとうございました。
雑誌好きのたくさんの方とお話させてもらう機会に恵まれとても楽しい時間でした。
短い時間でしたのでお話できなかった方もいらっしゃったのが残念でしたが、またどこかでお会いできる機会を楽しみにしています。

今回のイベント時の様子はレポートとして後日掲載される予定ですので、改めてこちらでお知らせ致します。
本当にありがとうございました。

2019.12.12 Thursday

コラム更新のお知らせ


度々お知らせが遅くなってしまい恐縮なのですが、雑誌『GINZA』のウェブサイトにて、不定期で書かせてもらっているコラムを更新しました。

今回のコラムは「文房具愛」がテーマでした。
Magazine isn't dead.的三種の神器と題し、配送時に使用しているオリジナルのマスキングテープやお気に入りの万年筆のことなどについて書きました。
また、ライターとしての仕事道具として大切に使っているPOSTALCOのメモパッドやずっと愛用しているBicのボールペンなど、私なりのこだわりについても綴らせていただきました。
他にもたくさんの方が文房具愛について語っており、それぞれの偏愛が非常に面白いのでぜひご覧になってほしいです。

ご興味を持ってくださった方はこちらからご覧ください。

また、先日こちらのページで紹介した『GINZA』本誌で黒い本を紹介した件ですが、ウェブページでも公開されました。
こちらにもご興味をお持ちくださった方は(ありがとうございます)こちらからご覧ください。


本年で6回目を迎える「ZINE SONIC 2019」が昨日11/22(金)から中目黒のBRICK&MORTAR(ブリックアンドモルタル)で始まりました。

初年度より毎年伺っている、私の中では冬の風物詩的なイベントになっているのですが、昨年は期間中に開催されたイベント「マイ・フェイバリット・ジン」という座談会に初めて参戦させてもらいました。
本年は同様の企画の予定はありませんが、“出品”という形で参加させてもらうことになりました。

先日開催した「Exhibition of Magazine isn't dead. 」に合わせて制作したMagazine isn't dead. としての初めての制作物『NEWSPRINTS. #1』を出品しています。
毎年出品されているきくちゆみこさんにも寄稿していただいていますのでぜひお手に取って見ていただけますとうれしいです。
ご遠方の方でもし購入されたいという方がいらっしゃいましたら、まだウェブサイトに掲載できていなくすぐにご要望にお応えできず申し訳ありませんが今しばらくお待ちいただけますと幸いです。
※12/12追記
大変お待たせしました。掲載しましたのでこちらよりご覧ください

期間中には親交のある秦レンナさんが出演するイベントもありますのでご興味のある方はぜひです。


ZINE SONIC 2019 -THE RISE OF ZINESTER-

11/22(金)〜12/7(土)
12:00〜19:00
※日曜定休です
会場:BRICK&MORTAR
東京都目黒区中目黒1-4-4
詳細はこちらをご覧ください


報告が遅くなってしまったのですが、『GINZA』でのウェブ連載を更新しました。

第8回目となる今回は、イギリス発の『Posterzine』を紹介しました。
Magazine isn't dead.の屋号は、かつて彼らが発行していた『Print Isn't Dead.』に由来します。
メールでいくつか投げかけた質問を元に記事化したのですが、『Print Isn't Dead.』の5号目を出したいとずっと思っている、ということも彼らから伺い(※『Print Isn't Dead.』は2015年発売の4号目を最後に休刊中です)、まだ見ぬ続編への期待が高まりました。
ぜひこちらからご覧ください。

また、すでに新刊書店での販売期間が終わってしまったのですが、『GINZA』本誌の2019年11月号の誌面内にて私物の“黒い本たち”とおすすめの“黒い本”を紹介させてもらいました。
11月号の特集が“黒”ということで、「愛すべきノワールたち」という黒にまつわるいろいろなカルチャーを取り上げるコーナーにて掲載いただきました。
もしお手元にある方がいらっしゃいましたら見てくださいますとうれしいです。
※12/12追記
ウェブページでも公開されました

最後に、先日出店した「虎ノ門ブックパラダイス」にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。
次の出店予定は来年開催の二子玉川 本屋博です。
また近くなりましたらこちらでお知らせさせていただきます。

今後ともMagazine isn't dead.をどうぞよろしくお願い致します。


明日、11/1(金)と2(土)の2日間にわたって虎ノ門ヒルズにて開催されるブックイベント「虎ノ門ブックパラダイス 2019」に出店します。
今回の出店者さんも個性派揃いなので私自身とても楽しみです。
実は、昨年当サイトが立ち上がる前に初めて出店させてもらった個人的に思い入れのあるイベントです。
当時はウェブサイトの準備中でしたので取り扱いタイトル数も現在の3分の1くらいしかありませんでした。
にも関わらず、今までお世話になっていた方を中心にたくさんの方がお越しくださり、あたたかいお言葉をかけていただいたことがとても印象に残っています。
間もなく立ち上げから1年を迎えられるのも、ご興味を持ってくださる方、ご購入くださる方、応援してくださる方などみなさんのおかげです。
いつも本当にありがとうございます。

今回はブックイベントのみならず、「虎ノ門フラワーマート 2019秋」も同時開催です。
雑誌や本、お花を買えるというにぎやかなイベントですのでお時間にご都合つく方はぜひお越しください。
たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。


虎ノ門ブックパラダイス2019
※虎ノ門フラワーマート2019秋と同日開催です

11/1(金)12:00〜20:00
11/2(土)11:00〜18:00
会場:虎ノ門ヒルズ 森タワー2F
東京都港区虎ノ門1丁目23
詳細はこちらをご覧ください


10/11(金)から20(日)まで神宮前のギャラリーを併設した花屋「VOICE(ボイス)」にて開催したPOP-UPにお越しくださったみなさま、お足元が悪い中、そして大変わかりにくい場所にも関わらずたどり着いてくださり本当にありがとうございました。
あいにくお天気には恵まれませんでしたが、日々足を運んでくださった方からいただくお言葉にとても励まされました。
当サイトでご購入くださっているお客さまにも実際にお会いすることができ本当にうれしかったです。
今後もオンラインだけでなく、オフラインで楽しんでいただけるような企画を続けたいと考えていますのでぜひまたお会いできますことを楽しみにしています。

また、来年にかけて地方のいくつかのお店にて展示販売も予定しています。
こちらは決定次第改めてお知らせ致します。

次回の出店は11/1(金)と2(土)に開催される虎ノ門ブックパラダイスです。
昨年まだ当サイトがオープンする前にプレオープンという形で初めて出店させてもらったイベントに本年も参加させてもらうことになりました。
詳細はまた近くなりましたらお知らせ致します。

今後ともMagazine isn't dead.をどうぞよろしくお願い致します。


この度の台風の被害に遭われたみなさまに心からお見舞い申し上げるとともに、避難されている方や被災された方が少しでも早く日常を取り戻せるようお祈りしています。

10/11(金)から神宮前のギャラリーを併設した花屋「VOICE(ボイス)」にて「Exhibition of Magazine isn't dead. 」と題したPOP-UP SHOPをさせてもらっています。
単発のイベント出店ではなく、ギャラリーの空間をお借りして初めてのお店づくりをさせてもらいました。
来てくださった方にお茶を出しながらゆっくり雑誌を見てもらえる場所づくりは、ずっと目標にしてきたことでした。
このような機会をいただけて感謝の気持ちでいっぱいです。

すでに2つのイベントが終了しましたが(来てくださったみなさまにこの場を借りて御礼申し上げます)、もう1つ海外のゲストを招いたイベントを開催しますのでお知らせ致します。


その3:トークイベント『The Skirt Chronicles』
フランス発のファッションジャーナル誌『The Skirt Chronicles』の国内ディストリビューションを4号目よりMagazine isn't dead.が担当させてもらっています。
パリ在住の3人の女性が発行している雑誌ですが、そのうちの2人である編集長のSofia NebioloとアートディレクターでファッションエディターのSarah de Mavaleixをお迎えし、本誌が生まれた背景や彼女たちが雑誌について思うことなどをざっくばらんに聞きたいと思っています。
通訳がつきますので英語が話せなくても大丈夫です。
少しでも興味をお持ちの方はぜひお越しください。
当日は最新号の5号目(価格は2,640円です)も会場で販売致します。

10/19(土)
17:00〜18:00

終了しました。お越しくださったみなさま本当にありがとうございました。


Exhibition of Magazine isn't dead.

10/11(土)〜20(日)
13:00〜19:00
※10/15(火)はお休み、最終日の20(日)は18:00までの営業です
場所:VOICE
東京都渋谷区神宮前3-7-11
神宮前ハウス1F
※お店の場所が大変わかりにくいため、迷いましたらお気軽にお店までお電話ください
http://voice-flower.jp