Magazine isn't dead. NEWS


WWD JAPAN.comでの連載「雑誌と本を行ったり来たり」を更新しました。

こちらの連載は大変ゆるく進行しておりますが、第10回目となる今回は美術家の神尾茉利さんの『刺繍小説』を紹介しました。
神尾さんと出会ったのは、私がライターとして参加させてもらっているミシンのbrotherさんの「SeeSew Project」というウェブサイトでの取材でした。(クレジットは入れておりませんが、Interview 012以降の取材・執筆を担当させてもらっています)
取材時に本を制作中とのお話を伺い、取材の打診をしたところ快くお引き受けくださりました。
連載記事はこちらを、「SeeSew Project」での記事はこちらをご覧ください。

また、先日12/26に発売した『Hanako』2020年2月号のレギュラーページ「Hanoko EAT」内の「EVENT MENU」というページに友人の鈴木美波さん(SPBSマネージャー)と登場させてもらいました。
昨年も登場させてもらったのですが、今号も私たちの気になる国内で開催される展示についてダラダラと話す内容をライターの浦本真梨子さんにまとめていただきました。
かなりぎゅっと書いていただきましたが、実は2時間くらいずっと3人で話が盛り上がりとても楽しい時間でした。
142ページに掲載されていますので、ご興味を持ってくださった方はぜひ書店やコンビニなどでお手にとってみてください。


最後に、Magazine isn't dead.のウェブサイトはおかげさまで先日開設から丸1年を迎えることができました。
活動にご興味を持ってくださる方、ご購入くださる方、お声がけをくださる方など本当にたくさんのみなさまのおかげです。
この場を借りて御礼申し上げます。
年末年始も当サイトでは休まず発送業務を継続します。
2020年もMagazine isn't dead.をどうぞよろしくお願い致します。
みなさまにとって素敵な新年が訪れますようお祈りしております。