Magazine isn't dead. NEWS


2017年の創刊から2年、待望の『PARTNERS』2号目が6/28(金)に発売する運びとなりました。
Magazine isn't dead.では『PARTNERS』のディストリビューションを担当します。

まだMagazine isn’t dead.のウェブサイトができる前の2018年10月、
「次号のディストリビューションをしてくれない?」と初めて私に依頼してくれたのは、川島さんでした。
思えば遡ること2年以上前、2017年に『PARTNERS』の創刊号が完成したときに印刷所からあがってきたばかりの本誌を真っ先に届けてくれたのも、川島さんです。
封筒を開け、ページをめくったときに感じたあの衝動を私はきっと、二度と忘れることはないと思います。
2号目の制作は創刊後に始まっていながらもかなりの回り道スタイルでの進行で、「もう少しでできる」と何度も連絡をもらいながら一向に完成せず、どれだけ待たせるんだ!と思いながらも(笑)期待はどんどん膨らんでいったのでした。

そして先日、完成した2号目をようやく手にし読み進めている今、なぜかぽろぽろと涙が頬を伝っています。
ロマンチストな川島さんの言葉を借りるのであれば、「結局は愛だけが残るのか?という疑問」ゆえなのかもしれません。
書店員として販売する立場から、国内の書店さんへ卸をさせてもらいながら自分のサイトで購入してくださった方へ直接お届けできるような関係性になるなんて、あの頃の私はそんな未来を想像していませんでした。

『PARTNERS』 をお届けできることをとても幸せに思います。
川島さん、ありがとうございます。



2号目のページには、あえてまだ中身写真もレビューも載せていません。
発売後に掲載予定ですのでご了承くださいませ。
『PARTNERS』についてはぜひこちらよりご覧ください。


また、先日下北沢B&Bにて開催したトークイベントにお越しくださったみなさま
本当にありがとうございました。
予想以上に多くの方にお越し頂き驚くと同時に、直接お話させてもらえたお客さまもいたことがとてもうれしかったです。
次号の『VOSTOK』にもぜひご期待ください。

今後ともMagazine isn't dead.をどうぞよろしくお願い致します。