Magazine isn't dead. NEWS


『NEUTRAL』(のちに『TRANSIT』と改名)、『ATLANTIS』を立ち上げた編集者の加藤直徳(なおのり)さんが新しく創刊させる『NEUTRAL COLORS』(ニュー・カラー)の予約受付を当サイトでも開始しております。
5/23 午前11時までにご予約くださったみなさまへは発売日の5/25にお手元に届くよう手配致します。
レターパックライトでの配送ですので、指定いただいたご住所のポストへの投函予定です。

先んじて、当サイトのメールマガジンの配信を希望されているお客様へご案内しましたがたくさんのご予約をいただいております。
本当にありがとうございます。
複数名の方より個別にメッセージも頂戴しており、私を含めどれほど多くの方が加藤さんの雑誌を待ちわびていたかを痛感し、震えました。
初回発注でご提供いただけるオリジナルリソノートは、当サイトでは先着でご予約くださった数名の方へしか差し上げられませんので予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
(ご予約をくださった全ての方へのお届けはできません)

ご購入希望の方はこちらから詳細をご覧ください。


ひとつ前の投稿でお知らせした「オンライン本屋博」が先ほど無事に終了しました。
途中で機器の不具合がありタイムスケジュールが大幅に変更されたため、予定時刻にムービーは流れず深夜に後ろ倒しとなりました。
お知らせのお時間通りにYouTubeを観てくださった方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありませんでした。

また、メルマガ配信でもお知らせしていましたが直前の変更だったためお知らせが間に合わなかったことお詫び致します。

「オンライン本屋博」でのトークなどは全てアーカイブされ何度も視聴できるようになっています。
リアルタイムでイベントを観られなかった方はお時間ある際にぜひ楽しんでほしいです。

また、Magazine isn't dead.が参加した本屋リレーもアーカイブされています。
こちらにて39:00頃〜登場していますのでもしご興味をお持ちくださった方がいらっしゃいましたら(ありがとうございます)ぜひご覧ください。


今年の1/31と2/1に東京・二子玉川で開催された「二子玉川 本屋博」というイベントからの派生で、Twitter上で全国の書店さんに“いま推したい本”を発信してもらう「#オンライン本屋博」が4/13にスタートしました。
Magazine isn't dead.ではSNSを利用していないので本企画には参加していなかったのですが、この度スピンオフとして1日限りのオンラインでのイベント開催が決まりました。

10時間に渡り、作家や書店員による本にまつわるトークや、アーティストによるライブなどが繰り広げられ、出演陣の豪華さに驚いていて私も今からとても楽しみにしています。
コンテンツの中に、本屋博に出店していた本屋さんがリレー形式でおすすめの1冊を紹介するというコーナーがあります。
私もおすすめを紹介するムービーをつくりましたので、20:00〜20:30の回の中で流れる予定です。

※5/5 23時追記
機器の不具合により当日のタイムスケジュールが大幅に変更になっており、5/6 1:30〜からムービーが流れることになりました。上記時間にYouTubeを観てくださり、あれ?と思われた方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありません。

もしお時間ありましたらご覧くださいますとうれしいです。
イベントの詳細はこちらよりご確認ください。

2020.04.03 Friday

連載更新のお知らせ


前回の更新から少し期間が空いてしまいましたが、『GINZA』のウェブ連載を更新しました。
第11回目の今回は、『FeelsZine』を紹介しました。

まったく予想外だったのですが、更新直後からたくさんの方よりご注文をいただきあっという間に仕入れ分が完売してしまいました。
ギフトにしたいと購入くださった方もいらっしゃいました。
(以前こちらにも書かせてもらった通り簡単なラッピングもできますので遠慮なくおっしゃってください)
つくり手の2人もとても喜んでいます。
ご興味をお持ちくださり本当にありがとうございます。
きっとページにアクセスして購入できなかった、という方もいらっしゃるかもしれません。
現在追加分到着までどのくらいかかるか問い合わせているところですので、わかり次第商品ページにてお知らせします。
入荷次第個別に連絡を差し上げることも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
※5/30追記
本日無事に商品が到着しました。ご予約くださった方みなさまへは先ほど個別に連絡を差し上げました。たくさんのご予約を承っていたため(ありがとうございます)、一部の商品はご予約の方のみしか購入できません。キャンセル待ちも承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ

たくさんの方に読んでいただけて本当にうれしいです。
お時間ある際にぜひこちらよりご覧ください。

2020.03.31 Tuesday

ギフト包装承ります


いつもMagazine isn't dead.をご利用くださりありがとうございます。

昨今の情勢により外出を控えられている方も多いと思います。
明日から新年度が始まり環境が変わる方もきっといらっしゃるでしょう。
何か贈りものを差し上げたいと当サイトで販売している雑誌を選んでくださる方がいらっしゃるかもしれないと思い、突然ですがギフト包装サービスを始めます。

包装といいましても簡易包装で、包装紙に包むものではありません。
ステッカーと休刊になってしまった雑誌の切れ端を利用し、ビニールをかけた雑誌にほんの少しの彩りを添えたいと思います。
通常のご購入者の方と同様、一筆も添えますので伝えたい想いがある方はぜひ備考欄にお書きください。

ギフト料金は追加でいただきませんので、ぜひお気軽にご利用ください。
ギフトをご希望の方は備考欄にその旨必ずご記載くださいますようお願い致します。
また、どんなものか知りたい方は参考例の写真も個別にお送りできますのでご遠慮なくおっしゃってください。

言葉の贈りもので、よりたくさんの方が前を向けますように。



この度の新型ウイルスに罹患された方と関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げますと同時に、皆様のご自愛を心よりお祈り申し上げます。

2020.03.24 Tuesday

ブログを始めました


いつもMagazine isn't dead.にご興味をお持ちくださりありがとうございます。

この度、ウェブマガジンのHOUYHNHNM(フイナム)さんよりお声がけいただきブログを始めることになりましたのでお知らせ致します。
2月からページを開設しマイペースに更新を続けています。
こちらのNEWSページでは、イベント出店のお知らせやMagazine isn't dead.として発表しているコラム、イベント出演などのMagazine isn't dead.に関連した活動についてのみ報告していますが、ブログの方には日々の雑記を時に写真を交えながら綴っていきたいと思っています。
大好きな六花亭についてや思い入れのある北海道の話もきっとしつこいくらいに書くと思います。笑
合わせて、携わっている編集のお仕事などについても今後お知らせしていきたいと考えています。

当サイトの上部にリンクを貼りましたので、見ていただけますとうれしいです。


昨年3月に創刊した『VOSTOK』の3号目が本日到着しました。
Magazine isn't dead.では、引き続き『VOSTOK』のセールスを担当します。

3号目をご購入希望の方はこちらからご覧ください。

キャプションでも少し触れていますが、今号のエディターズレターに私はとても共感しました。
編集長の大城さんへお伝えしたところ、「実はこの文章は修正後のもので、修正前のものがある」と教えてくれました。
きっと当サイトでご購入くださる方は同じ思いを持っている方が多いのではないかと思い、修正前の文章を当サイトで『VOSTOK』をご購入くださり「メールマガジンの配信を希望する」にチェックを入れてくださった方へ先ほどお送りしたところです。
早速反響をいただき本当にありがとうございます。
ご注文くださった方へは本日より順次配送致しますので到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

『VOSTOK』3号目のお取扱店は下記です。
(3/31更新しました)

・青山ブックセンター本店
・代官山 蔦屋書店
・銀座 蔦屋書店
・六本木 蔦屋書店
・梅田 蔦屋書店
・六本松 蔦屋書店(近日入荷予定です)
・ジュンク堂那覇店

書店に限らず、全国でお取り扱いくださるお店も募集しておりますので、ご興味をお持ちくださいましたらお気軽にCONTACTページよりお問い合わせください。追って取引条件に関してご連絡差し上げます。

3号目を楽しみにしてくださっていたみなさまをはじめ、たくさんの方へお届けできますとうれしいです。


昨年千葉市美術館にて開催されていた「目 me 非常にはっきりとわからない」展の図録を、Magazine isn't dead.がディストリビューションすることになりました。
展示を観て衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。
図録の編集に『PARTNERS』の発行元であるkontakt(コンタクト)が携わっており、アートディレクションも同じく坂脇慶さんが担当されています。
また、『PARTNERS』2号目には目のインタビューも掲載しています。展示を観て目の活動に興味を持たれた方はぜひ合わせてお読みくださいますとうれしいです。

図録は当サイトでの販売予定はありません。全国の書店さんにてぜひご予約ください。
また、千葉市美術館は現在リニューアルのため閉館中で現地での購入はできません。
実際にお手にとってご覧になりたい方は下記の取り扱い書店さんまでお問い合わせください。

現時点で、発売日より展開が決まっている書店さんを紹介します。

<北海道>
函館 蔦屋書店

<東北>
BOOKNERD ※オンラインストアでもご購入できます
KANEIRI Museum Shop 6(せんだいメディアテーク1F)
ペンギン文庫(移動本屋)

<北陸>
BOOKS f3
石引パブリック

<甲信越>
栞日

<関東>
青山ブックセンター本店
代官山 蔦屋書店
銀座 蔦屋書店
六本木 蔦屋書店
SPBS本店
SPBS虎ノ門(4/16オープン予定)
NADiff a/p/a/r/t
下北沢B&B(4/1移転オープン予定)

<東海>
ON READING

<関西>
恵文社一乗寺店

上記のお店でご購入の際は、特典のステッカーが付く予定です。
また、特典付きのため千葉市美術館での販売額とは異なりますのでご了承ください。
『PARTNERS』のオンラインストアでもご予約を受け付けていますので、ぜひご覧ください。

書店に限らず、全国でお取り扱いくださるお店も募集しております。
ご興味をお持ちくださいましたらお気軽にCONTACTページよりお問い合わせください。追って取引条件に関してご連絡差し上げます。

図録をまだご覧になっていない方は、ぜひ楽しみにお待ちくださいますとうれしいです。

2020.03.03 Tuesday

連載更新のお知らせ


いつもお知らせが大変遅くなり恐縮なのですが、『GINZA』のウェブ連載を更新しました。
第10回目の今回は、セールスを担当させてもらっている『BIZARRE EDIBLE PLANTS』を紹介しました。

「STRAIGHT BOOKS」というレーベルから出版されている最新刊で、全て食べることのできる植物のみを紹介した植物図鑑です。
連続刊行のシリーズのため当サイトでは独自の定義のもと、“雑誌”として取り扱いしております。
今号は国内の書店さんでも扱ってくださっている場所がとても少なく、なかなかご覧になるのが難しいのが残念なのですが都内ですと代官山 蔦屋書店、ユトレヒト、その他の地域ですと名古屋のON READINGでお取り扱いいただいています。
書店に限らずお店を営んでいらっしゃる方(業態は問いません)でご興味をお持ちくださった方は、ぜひお取り扱いをご検討くださいますとうれしいです。
CONTACTページよりお問い合わせいただきましたら追ってお取引条件についてお知らせ致します。

また、記事をご覧になりご購入くださいましたみなさま、本当にありがとうございます。
お時間のある際にぜひこちらよりご覧ください。


いつもMagazine isn't dead.をご利用くださり、ありがとうございます。

突然のお知らせとなり恐縮ですが、『Print Isn't Dead.』『Posterzine』の2タイトルに関しまして3/1(日)より価格を少し引き上げることにしましたのでお知らせ致します。
過去に何度も書かせてもらったり、インタビューでもお話しさせてもらっているのですが、この2タイトルが「Magazine isn't dead.」という屋号を決めるにあたり非常に重要な意味を持つ雑誌のため、より多くの方に手に取っていただきたいという思いから現地での購入価格と同価格くらいで提供できるよう努めてきました。
しかしながら、ここ数ヶ月の為替変動や物流費の高騰により大変難しい状況になってきてしまい、心苦しいのですが値上げすることを決めました。

『Print Isn't Dead.』は、220円の値上げで税込1,870円に、『Posterzine』は110円の値上げで税込1,320円と変更させていただきます。
ただし『Posterzine』に関しまして、今まではレターパックライトを使い370円の送料をいただいておりましたが、3/1(日)より普通郵便で配送します。配送料は1枚あたり140円ですので、3/1(日)以降にご購入いただいた方が合計金額はお安くなります。

先日のイベント出店の際にたくさんの方に手に取っていただいたこともあり、現在の在庫数は少なくなっていますが追加入荷を予定しています。
現在の価格でご購入されたい方は2/29(土)までにご注文いただけますと幸いです。

大変勝手な変更で恐縮ですが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
今後ともMagazine isn't dead.をどうぞよろしくお願い致します。